スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホットコーヒーの豆

ホットコーヒーの豆を、コロンビアのアンデスコンドルから、グァテマラのラ・プロビデンシァ農園に変えました。
理由はひとつ、並べてカッピングしてみて、現在はこっちが良いと思ったからです。
またコロンビアに戻るかもしれないし、他の豆になるかもしれません。
同じ農園の豆でも毎年同じ出来ではなく、輸入した後のクロップの変化によっても良し悪しが変わってきます。
この辺は、「お米の新米が美味い」のと同じと考えるとわかり易いです。
自分は「スペシャルティコーヒーは必要なければ極力ブレンドしない」と今は考えているので、いきなり豆が変わります。
「飲む人本位のブレンド」ならいいのですが、「売る人本位のブレンド」になってしまうのを避ける為です。
上京前に勤めていたコーヒー会社などは、卸用のブレンドに売れ残りの古い豆を混ぜたり、そんなの当たり前にやっていましたが、それは「売る人本位のブレンド」だと思っていました。

何はともあれ、1杯250円のコーヒーにしては、考えられないような品質の原料だと思っています。
ブルースカイコーヒーのフルサービスの店を作ったら、コーヒーメニューを倍の値段にしますよ、絶対。

尚、エスプレッソブレンドの内容は
「ブラジル サンフランシスコ農園 パルプドナチュラル」
「グァテマラ ラ・プロビデンシァ農園 ウオッシュド」
の2種類のブレンドです。
パルプドナチュラルだけでは、えぐい感じが強くなりすぎ、ウオッシュドだけでは味が平坦になってしまうので。


以上、数ヶ月ぶりにコーヒーの話題でした。



追記:
お客様から「その時その時に、ベストなブレンド作るのもアリじゃない?」と提案され、腑に落ちるところがありました。
買うものの銘柄を変えるっていうのは、買う立場にしてみれば抵抗のあるものなのかもしれません。
ちょっと考えを練ってゆこうと思います。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ブルースカイじょにー

Author:ブルースカイじょにー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。